ピアノの黎明期-クリストフォリ・ピアノ-

ピアノの黎明期-クリストフォリ・ピアノ-

* この記事は、2012年5月19日に、「浜松市楽器初物館」を見聞してきた際の備忘録的な再掲となります。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ピアノの黎明期についての見聞をしてきました。(2012年5月19日現在)

ピアノという楽器は、フィレンツェのメディチ家お抱えの楽器製作者バルトロメオ・クリストフォリ(1655-1731)によって、チェンバロを改良して生まれた楽器だったのですね。 当時はまだペダルもなく、楽器の重量も、成人男性一人分の重さだったと言われています。

クリストフォリピアノ1

クリストフォリピアノ2

クリストフォリは生涯、約20台のピアノを製作し、
現存しているものは僅か3台ほどのようです。
 当時のクリストフォリ・ピアノの復元品が、次の写真になります。

クリストフォリピアノ3

現存するクリストフォリ・ピアノをモデルとして、
日本の「河合楽器製作所」が復元した、「黎明期の」ピアノの
スタイルです。
音色はややチェンバロの名残を感じさせる金属性の音質のようです。

クリストフォリピアノ4

「クリストフォリ・ピアノ」の復元楽器の鍵盤部分です

音域もモダンピアノの持つ88鍵には満たない
約50鍵で構成されています。

クリストフォリピアノ5

メディチ家に仕えた楽器製作者クリストフォリの肖像画
です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
Le 6 juin 2019 15h56

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP