【中世ヨーロッパ文化に於ける「リベラルアーツとしての「音楽理論」】

le monde brillant研究室
5世紀の著作家マルティヌアス・カペラ(5世紀前半)とカッシオドルス(485頃-580頃)は、

「リベラル・アーツ」(「自由七科」、若しくは「七自由学芸」)として、
7つの学問を教養課程と定めました。

その7学問とは、先ず「『3学』として文法、修辞学、弁証論、
次に『4科』として算術、幾何学、天文学、音楽理論」(1.)とし、
中世における教養課程の礎石となりました。
こうした7学問は中世における学問の分類訳けの基礎となり、脈々と後世に受け継がれます。

12世紀の初期スコラ学を担う知識層の教育課程では、
アウグスティヌスらの哲学書と並行し、「リベラル・アーツ」が学ばれました。

当教室では島岡譲先生の和声学の流派を踏襲し、ご著書『総合和声』音楽之友社. を用いており、
古代ローマ時代から知識層に受け継がれた教養課程の一つである「音楽理論」分野を
教養豊かな皆様方と分かち合う意図からも、レッスンのメインとしております。

赤坂樹里亜
le 31 jan. 2021 11h23


【参考文献】

1. K.リーゼンフーバー著. 『西洋古代・中世哲学史』. (2013年9月26日). 株式会社平凡社.

2. 森岡敬一郎ほか 著. 『歴史(西洋史)』. (2015年9月1日). 慶應義塾大学出版会株式会社.

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP