【フランス旅行第4日目 ベルサイユ宮殿】

フランス4日目_1
フランス4日目_3
フランス4日目_4
フランス4日目_5
フランス4日目_6
フランス4日目_7
フランス4日目_8
フランス4日目_9
フランス4日目_10
フランス4日目_11
フランス4日目_12
フランス4日目_14
フランス4日目_15
フランス4日目_18
フランス4日目_19
フランス4日目_20
フランス4日目_21
フランス4日目_24
フランス4日目_174
 フランス旅行も、早くも折り返し地点に差し掛かりました。
4日目は、モン・サン・ミッシェルから、ベルサイユ地方に向かい、
ベルサイユ宮殿の見学でした。
懸念されたお天気もギリギリ曇りで済み、且つ幸運な事に、
珍しく観光客も少ない日に訪問できた様です。
日頃は、「芋洗い状態(笑)」大混雑の人気観光地との事です。

 内観を観て思う事は以下です。
ベルサイユ宮殿の天井や壁には、ギリシャ神話を模した絵画や彫刻などが散見されます。
つまり、カトリック的な敬虔な思想でなく、ギリシャ神話の神々を用いる事によって、
王の力の象徴として扱ったという事でしょうか?
この点は前回9年前にParis訪問した際には、目に入らなかった新たな着眼となりました。
約10年前に私は、「カトリック教徒」の陰も形もなく、
聖トリニテ教会を訪問した際に、初めてカトリックミサに遭遇した時でもありましたので。

 詳細は今綴る時間がなく、帰国してからの宿題でしょうね。
明日以降は、Messiaenのオルガニストとして従事した聖トリニテ教会などの、
私の研究課題に少しの発見に繋がるかも知れない場所に、いよいよいけると思います。

Julia.T.A
le 7 janvier 2018 8h00
(日本時間 16h00)

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP