赤坂樹里亜 Le monde brillant 和声・作曲、アナリーゼ、ソルフェージュレッスン。西荻窪・吉祥寺。- 大人の為の Liberal Arts 音楽理論塾 -
赤坂樹里亜 Le monde brillant 代表のプロフィールです。

À propos de moi

- About me -

Profile

赤坂樹里亜 Le modne brillant Profile写真3。

 赤坂 樹里亜 (ジュリア アカサカ)
 Julia Akassaka

 

 【専攻:和声学・音楽学(音楽実践理論)】
【研究テーマ:  仏人作曲家オリヴィエ・メシアン(1908-92)に於けるカトリック作品研究
 - カトリック作品における調性とM.T.L.旋法の用法考察-】
*  当方は音楽研究者であり、ピアノ演奏家ではありません



Académie de musique 《Le monde brillant》(通称:赤坂樹里亜 Le monde brillant〈ル・モンド・ブリヤン〉)代表 兼 和声学講師。
 国立音楽大学付属音楽高校作曲専攻を経て、東京藝術大学別科作曲専修修了。
慶應義塾大学(美学 Philosophy in Arts)にて下記の音楽学研究論文執筆中。

 10歳から作曲をはじめ、14歳から和声学を学び始める。
音楽高校作曲専攻在学中、作曲の師であった橋本正昭氏(現在、国立学校法人佐賀大学文化教育学部教授)より習い伝わったオリヴィエ・メシアン(仏1908-1992)による「M.T.L.旋法」に強く影響を受け研究を開始し、現在に至る。
2008年に音楽理論の後進への橋渡しに焦点を当て、「赤坂樹里亜 Le monde brillant (ル・モンド・ブリヤン)」を主宰し、その後、作曲から音楽理論研究へと主軸を移す。
更に音楽理論に関しての音楽学的研究の取り纏めの為、
慶應義塾大学にて「O.Messiaenにおける調性とM.T.L.旋法の用法考察」論文執筆中。
 


 作曲・和声・対位法(フーガ)を山本康雄氏、橋本正昭氏、野田暉行氏、
アナリーゼを島岡譲氏に、

 音楽学を藤井孝一氏に、 声楽を宮崎義昭氏に師事。
フランス語をInstitut Françaisにて、
神学・哲学をクラウス・リーゼンフーバー氏(上智大学哲学科名誉教授)に学ぶ。 
   
 目下、Le monde brillant 和声学講師として、島岡譲先生の理論を踏襲した和声学及びアナリーゼ、そしてソルフェージュ・レッスンを行う傍ら、研究者として論文執筆のため、慶應義塾大学にてオリヴィエ・メシアンについての研究論文執筆を続行中。 

所属学会など

  • Miyoshi net」 一般会員(2008年-2018年)
    (* カワイ出版主催。現代音楽作曲家の故・三善晃氏(1933-2013)執筆のピアノ教則本研究会。三善氏逝去5年後の2018年10月に解散。) 
  • 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 (PTNA)研究者会員 (2008年-2011年)、(2016年-2021年)  
  •  「日本音楽理論研究会 」(2010年-2012年) 
    (*  音楽理論家 島岡譲氏(1926-)の理論を中心とした研究会)
  •  「日本アルバン・ベルク協会」 一般会員  (2014年4月-)  
    (*  現代音楽作曲家のP.ブーレーズ氏(仏 1925-2015)を名誉会長とする現代音楽研究会) 
  • 日本フランス語フランス文学会学会」 一般会員 (2014年4月-2020年3月)

主要作品

  • 独奏フルートのための《幻想曲》(1996年) 


  • ソプラノとテノールの為のデュエット

   《夢みたものは…》(1996年)(立原道造による詩)


  •  フルート、クラリネット、ピアノによる三重奏

  組曲《モネの絵画》(1998年) etc.

音楽履修歴

  • 専攻作曲(室内楽、声楽曲 etc.)
  • 専攻和声学(島岡譲、Challan、FauchetらのSop.課題、Basse課題、アルテルネ課題 etc.)
  • 専攻対位法(島岡譲課題によるフーガの実習、池内友次郎課題による二声対位法 etc.)
  • 専攻音楽学(西洋音楽史、現代音楽史 etc.) 
  • ソルフェージュ(Noël Gallon作品の初見視唱、入野義朗作品の無調初見視唱、Bach コラールのハ音譜表四段譜によるピアノ初見試奏、単旋律聴音、四声体コラール聴音、二声対位法聴音 etc.)
  • 副科ピアノ(Chopin、Ravel、Debussy、Beethoven、Mozart、J.S Bach etc.) 
  • 副科声楽(Mezzo Soprano : イタリア歌曲、フランス歌曲、日本歌曲、フランス/イタリア・オペラアリア etc.)
  • 副科チェロ(ウェルナー教則本 etc.)
  • 指揮法(齋藤秀雄、高階正光メソード etc.)

音楽指導歴

  • 私立K音楽大学受験生の為のソルフェージュ(聴音・新曲視唱)指導
  • 出身校作曲専攻生への作曲指導 
  • 出身校ピアノ専攻生への和声学指導
  • 国立T大学 大学院作曲専攻受験生への作曲指導 
  • セミプロ作曲家への和声学・アナリーゼ•作曲指導
  • プロ作曲・編曲家への和声学指導
  • ピアノ指導者への和声学•作曲指導
  • 有識者愛好家の為の楽典・和声学レッスン
  • 有識者合唱団員の為の和声学レッスン
  • 有識者ハイアマチュア・ピアニストへのピアノレッスン、作品解釈の為のアナリーゼ・ピアノレッスン、ピアノ伴奏法レッスン、ソルフェージュ(聴音•ピアノ新曲視奏)、和声学レッスン
  • 有識者ハイアマチュア合唱団員の方々の為の音取りソルフェージュレッスン
  • シニア合唱団員の為のアナリーゼレッスン、楽典・和声学レッスン
  • 高校生の愛好家の為のピアノレッスン etc.

赤坂樹里亜 作品集

立原道造 作詞 赤坂樹里亜 作曲
《夢みたものは》(1996年)

SopranoとTenorによるデュオ作品。
立原道造の詩による近代フランス的様式の日本歌曲として作曲。

独奏フルートのための《幻想曲》(1996年)

独奏フルートによる無調・単旋律による作品。
3部形式にて作曲。

《ヴァイオリン・ソナタ 第3楽章
 イ長調》(1994年)

《ヴァイオリン・ソナタ イ長調》(1993-94)の終楽章として、ロンド・ソナタ形式にて作曲。

《ピアノ・トリオ ロ短調》(1996年)
(展開部抜粋) 

Vn. Vc. Pf. による単一楽章のピアノ三重奏曲の展開部のみ抜粋。
展開部では、「M.T.L第1旋法」及び「M.T.L第2旋法」を試験的に用いて、提示部の「第1テーマ」、「第2テーマ」の展開を試みた。

 《ピアノ・トリオ ロ短調》 (1996年)


Vn. Vc. Pf. による単一楽章のピアノ三重奏曲。
ミラー型の再現部を持つソナタ形式として作曲。
h mollのコンテクストを持ちながら、随所に旋法性を散りばめて作曲。

和声実施編曲動画

「和声学初級1」 

-『総合和声』バス課題12 No.1によるクラリネット四重奏曲編曲 -

 「和声学初級」用バス課題実施例のクラリネット四重奏曲編曲動画です。
編成は「B♭ Cl.Ⅰ」,「B♭ Cl.Ⅱ」,「Alt. Cl.」,「B. Cl.」です。 

「和声学初級2」

 -『総合和声』Sop. 課題22 No.6による木管四重奏曲編曲 -

「和声学初級」用バス課題実施例のクラリネット四重奏曲編曲動画です。
編成は「Ob.」,「B♭ Cl.Ⅰ」,「「B♭ Cl.Ⅱ」,「Fag.」です。 

「和声学中級1」

 -『総合和声』Sop.課題47 No.13による木管四重奏編曲 -

「和声学中級」用Sop.課題実施例の木管四重奏曲編曲動画です。
編成は「Fl.」,「Ob.」,「B♭ Cl.」,「Fg.」です。 

「和声学初級2」

-『総合和声』Sop.課題47 No.7による木管四重奏編曲 -

「和声学中級」用Sop.課題実施例の木管四重奏曲編曲動画です。
編成は「Ob.」,「B♭ Cl.」,「Alt. Cl」.「Fg.」です。 

「和声学上級1」

 -『総合和声』バス課題実施の木管四重奏曲編曲 -

『総合和声』P252 「東京芸術大学音楽学部作曲科入学試験和声問題の参考例」のバス課題を実施し、Finaleを用いて木管四重奏に編曲した試作品です。
編成は「Ob.」,「B♭ Cl.」,「Alt. Cl」.「Fg.」です。 

「和声学上級2」

 -『総合和声』Sop.課題実施のクラリネット四重奏曲編曲 -

『総合和声』P253 「東京芸術大学音楽学部作曲科入学試験和声問題の参考例」のSop.課題を実施し、Finaleを用いてクラリネット四重奏に編曲した試作品です。
編成は「B♭ Cl.Ⅰ」,「「B♭ Cl.Ⅱ」,「Alt. Cl.」「B. Cl.」です。

「和声学上級3」

 -『和声 理論と実習Ⅲ』 バス課題 84 No.1のクラヴサン曲編曲-

『和声 理論と実習Ⅲ』のバス課題による、和声学上級用課題実施例動画3です。
クラヴサンの音色による打ち込みです。


 編曲教材動画 

J.S Bach 《平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第16番 フーガ g moll》 木管四重奏曲編曲動画

赤坂樹里亜 Le modne brillant 対位法クラス準備のための木管四重奏曲編曲動画の試作品。
編成は「Ob.」,「B♭ Cl.」,「Alt. Cl.」.「Fg.」です。
(✳︎ テンポを落として、各声部の動きを把握し易く設定しています。)

F. Chopin 《24 Preludes》 Op 28-7 弦楽四重奏編曲


赤坂樹里亜 Le monde brillant「アナリーゼ」クラスで取り上げた作品の弦楽四重奏編曲動画。
編成は「Vn.Ⅰ」,「Vn.Ⅱ」,「Va.」,「Vc.」です。

(* 「Finale」搭載の音源では、弦楽器のリアリティは出せないようです。)

準備中


赤坂樹里亜  Le monde brillant 

- 2008年の和声レッスン立ち上げ
   そしてその後の研究者としての沿革 -

1990年代後半

Created with Sketch.

  国立音楽大学付属音楽高等学校作曲専攻を経て、東京藝術大学別科作曲専修入学。
  1990年代後半の1月には委嘱作品組曲《モネの絵画》(全3曲、編成:Fl. Cl. Pf.)を杉並公会堂にて初演する。
  1990年代後半の3月には東京藝術大学別科作曲専修修了。卒業式にて総代を務める。

2000年

Created with Sketch.

  中央大学法学部にて「憲法」及び「民法総則」を学ぶ。この時期に論文執筆修練の下積みを行う。
また、旧東京日仏学院にて仏語を学び続ける。

2008年

Created with Sketch.

  某文化財団音楽室勤務を経て、自身の手で音楽文化の橋渡しを行う事を生業とすべく、後進への文化を繋ぎ紡ぐ事に焦点を当てて、自教室 Académie de musique《Le monde brillant》を立ち上げる。和声学や作曲法、 ピアノ演奏講座開催の活動を開始する。(練馬区ピアノ•スタジオにて)
  「社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)」へ指導会員として入会、同時に三善晃氏提唱のピアノ•ティーチング・メソードの研究会「Miyoshi net」一般会員として所属する。

2010年

Created with Sketch.

   3月1日にはAcadémie de musique 《Le monde brillant》の開催を、国立市のピアノ・スタジオへ移転する。
10月には「日本音楽理論研究会」にて、島岡譲先生の講義議事録としての小論文を執筆する。
  自身の研究では、O.Messiaen 《Huit preludes pour piano》(1928-29)のアナリーゼを行ない、論文執筆を開始する。
  この時期から、活動は作曲から音楽研究へと主軸を移す。

2011年

Created with Sketch.

  2011年8月31日に転居の為、国立市で開催した「Académie de musique 《Le monde brillant》」の対面レッスンを一旦休室する。その後は移転先の研究室から通信添削にてアナリーゼ指導を行う。
社団法人全日本ピアノ指導者協会は一次休会する。
 12月18日には、O. Messiaen《Huit preludes pour piano》(1928-29)に関する口頭発表を、「日本音楽理論研究会」にて行う。

2013年

Created with Sketch.

   研究は10月からは、《Trois petites liturgies de la presence divine No.3 Psalmodie de l'ubiquite par amour》に関する論文執筆開始。

〈タイトル〉
 『O.メシアン作曲《神の現存の三つの小典礼 第3曲 愛による神の遍在性の朗唱》(1943-1944):アナリーゼと作曲者によるテクスト創作の考察』
 『A propos de l'analyse sur "Trois petites liturgies de la presence divine, No.3 Psalmodie de l'ubiquite par amour" (1943-1944) composee par O.Messiaen
 : Et puis Le Consideration sur le texte cree par l'auteur』

     2013年11月からは、専門を「O.Messiaenのカトリック作品に於けるM.T.L.旋法研究」とする。

2014年

Created with Sketch.

  1月よりO.Messiaen《Trois petites liturgies de la présence divine 》(1943-44)の関連項目として、「聖書学」(新約・旧約聖書)の調査研究を開始する。
4月1日には、「日本フランス語フランス文学会」、「日本アルバン・ベルク協会」へ所属する。

2015年

Created with Sketch.

  5月には研究室をJR立川駅よりバス20分の場所に移転する。また、O.Messiaen《Trois petites liturgies de la présence divine 》(1943-44)に於いてMessiaen自身がテクスト創作について言及しているトマス・アクィナス『神学大全』についての調査の為、上智大学名誉教授クラウス・リーゼンフーバー師より神学・哲学を学ぶ。
  12月23日にカトリック受洗。(洗礼名は聖トマス・アクィナスから頂き、「トマスィーヌ」。)聖イグナチオ教会に所属。

2016年

Created with Sketch.

  1月には杉並区のピアノ・スタジオにて、「Académie de musique 《Le monde brillant》」レッスンを再開する。
4月には「社団法人全日本ピアノ指導者協会」研究会員として復帰する。
  同月に、「Académie de musique 《Le monde brillant》」を、武蔵野市の「Piano Studio STU」様にて本格再始動する。
   12月にはチェコを含む中欧5か国(旧東ドイツ、チェコ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー)を訪問し、第二次世界大戦終戦時の時代背景考察の一助とする。(註: 研究対象作品のO.Messiaen《Trois petites liturgies de la presence divine》(1943-44)の作曲された時代考察の為。)

2017年

Created with Sketch.

  1月1日付で「Académie de musique 《Le monde brillant》 を名称として、正式な事業開業に至る。

 10月には慶應義塾大学(美学)にて、音楽学的側面から「O.Messiaenにおける調性とM.T.L.旋法の用法考察」論文執筆を続行する。

2018年 

Created with Sketch.

   1月8日には、O.Messiaenがオルガニストとして約60年間従事した、L'église de la Sainte Trinité(聖トリニテ教会)(パリ9区)へ再訪問する。
   8月には、慶應義塾大学にて藤井孝一氏に現代音楽分析の為の米式ツールや、音楽学的側面としてのMessiaen音楽語法研究についての論文執筆法のノウハウを学び、研究者としての更なる研鑽を積む。

2019年

Created with Sketch.

  7月より「Le monde brillant」にて、従来の「和声学」・「作曲」講座、及び「アナリーゼ・レッスン」、「ソルフェージュ・レッスン」、「入門ピアノレッスン」などに加え、「合唱団の方の為の音取りレッスン」も開始する。
  10月-12月は、慶應義塾大学にて藤井孝一氏に現代音楽史を師事し、更なる現代音楽研究の研鑽を積む。
  12月1日には、「Le monde brillant ピアノ演奏会」を国立市の楽器店ホールにて開催する。

2020年

Created with Sketch.

  1月25日からLe monde brillant 全講座の受講対象年齢を中学生以上と規約改定し、「大人の為のリベラル・アーツ音楽アカデミー」とする。ピアノ・レッスンは受講者マナー違反のため、同日から全面廃止の決断に至る。
  1月27 日に「塾総合保険」への加入申し込みを行う。即ち教室側の弁護士費用等の支出への保証及び、教室管理下の受講生側の不慮の事故(怪我や、過失による物損)への保証にも備え、リスクマネジメント対策を行う。(保証開始期間は、4月1日午後4時より効力発生となる。)
   しかし4月からは、新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、全講座の「対面による」レッスンを一旦休止する事を決断し、代替案として4月15日から「大人の和声学・作曲、アナリーゼ通信添削講座」を開講する。

  5月3日には教室紹介動画を公開するため、「Le monde brillant」Youtube channelを開設する。
 6月〜7月はMicrosoft Teamsを用いたビデオ通話によるオンライン・レッスンも併用する。
  その後コロナ自粛期間(4月-7月)を経て8月より、吉祥寺のピアノスタジオにて対面レッスンを一部再開させる。
  10月には武蔵野市の「Piano Studio STU」様にて「合唱団の為の音取りレッスン」を除く全講座を再開させる。
  11月13日にはYoutube channelに「赤坂樹里亜作品集」を作成し、一般公開する。

2021年

Created with Sketch.

  1月1日に教室webサイトの独自ドメインを取得し、サイト・リニューアルを行う。その際に、一部科目の料金改定を行う。
  2月15日には事業主として「24時間オンライン予約システム」導入契約をシステム業者と締結する。3月10日から当サイトにてオンライン予約システムの稼働を開始する。
  4月7日にはキャッシュレス決済事業主として「Square」導入の審査に通過し、レッスン料納入はVisa、Master、American Expressの3ブランドのカード決済が可能となる。4月12日には更にJCB、Diners Club、Discoverも審査通過し、カードは6ブランド使用可能となる。更に4月14には交通系ICカード及びQUIC Payなどの非接触タッチ決済使用も審査通過し、これでSquareの全ての決済機能が使用可能となる。また、月謝制ではカード決済によるオンライン自動継続引き落としも可能となる。

  GW休講日明けの2021年5月6日㈭より、JR荻窪駅北口徒歩約15分の杉並区レコーディング・スタジオ「Studio SYMPHONIA」様をレッスン会場としてお借りする運びとなる。
  8月1日より「和声学上級」レッスンの募集を開始する。

【お問合せ】

   開講講座内容や、その他のご不明点などがございましたら、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

赤坂樹里亜 Le monde brillant E mailでのお問合せ。