赤坂樹里亜
Le monde brillant

– 2008年の和声レッスン立ち上げ
そしてその後の研究者としての沿革 –

1980年代

 10歳より作曲と仏語を独学で始め、14歳から国立音楽大学付属音楽高校受験準備の為、和声学と作曲を専門的に学び始める。

1990年代後半

 国立音楽大学付属音楽高等学校作曲専攻を経て、東京藝術大学音楽学部別科作曲専修入学。同時期にInstitut Français(旧東京日仏学院)にて仏語を学ぶ。

 1990年代後半の11月には「実用フランス語技能検定試験5級」満点にて、文部科学大臣から表彰状を頂く。
 翌年1月には委嘱作品組曲《モネの絵画》(全3曲、編成:Fl. Cl. Pf.)を杉並公会堂にて初演する。
 3月には東京藝術大学別科作曲専修修了。卒業式にて総代を務める。

2000年

 中央大学法学部科目履修生として「憲法」及び「民法総則」を学ぶ。この時期に論文執筆修練の下積みを行う。また、Institut Français(旧東京日仏学院)にて仏語を更に学び続ける。

2008年

 某文化財団音楽室勤務を経て、自身の手で音楽文化の橋渡しを行う事を生業とすべく、後進への文化を繋ぎ紡ぐ事に焦点を当てて、自教室 Académie de musique《Le monde brillant》を立ち上げる。和声学や作曲法、 ピアノ演奏講座開催の活動を開始する。(練馬区ピアノ•スタジオにて)
「社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)」へ指導会員として入会、同時に三善晃氏提唱のピアノ•ティーチング・メソードの研究会「Miyoshi net」一般会員として所属する。

2010年

 3月1日にはAcadémie de musique 《Le monde brillant》の開催を、国立市のピアノ・スタジオへ移転する。
10月には「日本音楽理論研究会」にて、島岡譲先生の講義議事録としての小論文を執筆する。
自身の研究では、O.Messiaen 《Huit preludes pour piano》(1928-29)のアナリーゼを行ない、論文執筆を開始する。
この時期から、活動は作曲から音楽研究へと主軸を移す。

2011年

 2011年8月31日に転居の為、国立市で開催した「Académie de musique 《Le monde brillant》」の対面レッスンを一旦休室する。その後は移転先の研究室から通信添削にてアナリーゼ指導を行う。
社団法人全日本ピアノ指導者協会は一次休会する。
 12月18日には、O. Messiaen《Huit preludes pour piano》(1928-29)に関する口頭発表を、「日本音楽理論研究会」にて行う。

2013年

 研究は10月からは、《Trois petites liturgies de la presence divine No.3 Psalmodie de l’ubiquite par amour》に関する論文執筆開始。

〈タイトル〉
『O.メシアン作曲《神の現存の三つの小典礼 第3曲 愛による神の遍在性の朗唱》(1943-1944):アナリーゼと作曲者によるテクスト創作の考察』
『A propos de l’analyse sur “Trois petites liturgies de la presence divine, No.3 Psalmodie de l’ubiquite par amour” (1943-1944) composee par O.Messiaen
: Et puis Le Consideration sur le texte cree par l’auteur』

 2013年11月からは、専門を「O.Messiaenのカトリック作品に於けるM.T.L.研究」とする。

2014年

 1月よりO.Messiaen《Trois petites liturgies de la présence divine 》(1943-44)の関連項目として、「聖書学」(新約・旧約聖書)の調査研究を開始する。
 4月1日には、「日本フランス語フランス文学会」、「日本アルバン・ベルク協会」へ所属する。

2015年

 5月には研究室をJR立川駅よりバス20分の場所に移転する。また、O.Messiaen《Trois petites liturgies de la présence divine 》(1943-44)に於いてMessiaen自身がテクスト創作について言及しているトマス・アクィナス『神学大全』についての調査の為、上智大学名誉教授クラウス・リーゼンフーバー師より神学・哲学を学ぶ。
 12月23日にカトリック受洗。(洗礼名は聖トマス・アクィナスから頂き、「トマスィーヌ」。)聖イグナチオ教会に所属。

2016年

 1月には杉並区のピアノ・スタジオにて、「Académie de musique 《Le monde brillant》」レッスンを再開する。
 4月には「社団法人全日本ピアノ指導者協会」研究会員として復帰する。同月に、「Académie de musique 《Le monde brillant》」を、武蔵野市の「Piano Studio STU」様にて本格再始動する。
 12月にはチェコを含む中欧5か国(旧東ドイツ、チェコ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー)を訪問し、第二次世界大戦終戦時の時代背景考察の一助とする。(註: 研究対象作品のO.Messiaen《Trois petites liturgies de la presence divine》(1943-44)の作曲された時代考察の為。)

2017年

 1月1日付で「Académie de musique 《Le monde brillant》 を名称として、正式な事業開業に至る。

 10月には慶應義塾大学(美学)にて、音楽学的研究としての「O.Messiaenにおける調性とM.T.L.の用法考察」論文執筆を続行する。

2018年

 1月8日には、O.Messiaenがオルガニストとして約60年間従事した、L’église de la Sainte Trinité(聖トリニテ教会)(パリ9区)へ再訪問する。
 8月には、慶應義塾大学にて藤井孝一氏に現代音楽分析の為の米式ツールや、音楽学的側面としてのMessiaen音楽語法研究についての論文執筆法のノウハウを学ぶ。

2019年

 7月より「Le monde brillant」にて、従来の「和声学」・「作曲」講座、及び「アナリーゼ・レッスン」、「ソルフェージュ・レッスン」、「入門ピアノレッスン」などに加え、「合唱団の方の為の音取りレッスン」も開始する。
 10月~12月は、慶應義塾大学にて藤井孝一氏に現代音楽史を師事し、更なる現代音楽研究の研鑽を積む。
 12月1日には、「Le monde brillant ピアノ演奏会」を国立市の楽器店ホールにて主宰する。

2020年

 1月24日にピアノ・レッスンコースは受講者マナー違反のため、全面廃止の決断に至る。
 1月25日からLe monde brillant 全講座の受講対象年齢を中学生以上と規約改定し、「大人のリベラル・アーツ音楽サロン」とする。
 1月27 日に「塾総合保険」への加入申し込みを行う。即ち教室側の物損保障や弁護士費用等の支出などへの保証に備え、リスクマネジメント対策を行う。(その後、弁護士事務所での悪質受講者対策の協議を行う。)
 しかし4月からは、新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、全講座の「対面による」レッスンを一旦休止する事を決断し、代替案として4月15日から「大人の和声学・作曲、アナリーゼ通信添削講座」を開講する。

 5月3日には教室紹介動画を公開するため、「Le monde brillant」Youtube channelを開設する。
 6月〜7月はMicrosoft Teamsを用いたビデオ通話によるオンライン・レッスンも併用する。
 その後コロナ自粛期間(4月-7月)を経て8月より、吉祥寺のピアノスタジオにて対面レッスンを一部再開させる。
 10月には武蔵野市の「Piano Studio STU」様にて「合唱団の為の音取りレッスン」を除く全講座を再開させる。
 11月13日にはYoutube channelに「赤坂樹里亜作品集」を作成し、一般公開する。

2021年

 1月1日に教室webサイトの独自ドメインを取得し、サイト・リニューアルを行う。その際に、一部科目の料金改定を行う。
 2月15日には事業主として「24時間オンライン予約システム」導入契約をシステム業者と締結する。3月10日から当サイトにてオンライン予約システムの稼働を開始する。
 4月7日にはキャッシュレス決済事業主として「Square」導入の審査に通過し、レッスン料納入はVisa、Master、American Expressの3ブランドのカード決済が可能となる。4月12日には更にJCB、Diners Club、Discoverも審査通過し、カードは6ブランド使用可能となる。更に4月14には交通系ICカード及びQUIC Payなどの非接触タッチ決済使用も審査通過し、これでSquareの全ての決済機能が使用可能となる。また、月謝制ではカード決済によるオンライン自動継続引き落としも可能となる。
 8月1日より「和声学上級」(『芸大和声第3巻』)レッスンの募集を開始する。
 9月後半には慶應義塾大学にて西川尚生教授からMessiaen研究論文執筆についての研鑽を積む。
 12月7日より公式Webの全面リニューアル。

PAGE TOP
PAGE TOP