【Je suis en train d’analyser sur “Trois petites liturgies de la presence divine,No3. Psalmodie de l’ubiquite par amour” (1943-1944) composee par O.Messiaen】

2013_5_7_psalmodie2
 連休も過ぎ去ってゆき、平常どおりの我が街が帰ってきました。
わたくしも、相変わらずこの作品のアナリーゼを続行しております。
20歳の頃に書かれた『Huit Preludes』の約15年後に創作された
この『三つの小典礼』、35歳のメシアンは益々の魅力を放っています。

赤坂樹里亜

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP