和声レッスン概要

和声レッスン謝礼やレッスン概要などについてご案内致します。

[目次]

1. トライアル・レッスン Trayal Lessons
2. 楽典・和声〈入門〉musical grammar / Harmony introduction
3. 和声学〈初級〉Harmony elementary
4. 和声学〈中級〉Harmony intermediate
5. 和声学〈上級〉 Harmony advanced
6. エクリチュール・アドヴァンスコース écriture hight advanced (開講準備中)

トライアル・レッスン Trayal Lessons

【謝礼】
初回(60分)1回に限り
¥3,000-(平日)¥3,300-(土日)

(*  トライアルの場合のみ
スタジオ使用料&諸経費は免除となります。)

例. 「和声学初級」平日60分¥3,000-   etc.


楽典・和声〈入門〉 musical grammar / Harmony introduction

【趣旨】

 先ずは、楽典の基礎である「音程の数え方」や、「長音階・短音階」について学びます。
 楽典の主な内容を習得後、和声実施基礎に入り、「和音の構成音」「和音進行の基礎」を学びます。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥9,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-) =¥12,500-

≪On line lesson≫
 (ワンレッスン 60分 ¥4,500- ~)

【対象】

 音楽理論のビギナーコースです。

 導入のかたはト音記号、ヘ音記号の読み書きがお出来になるかたとさせて頂きます。
 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。

【楽典・和声入門・和声初級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物】

『楽典』『和声 入門ワーク』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せ るボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

  導入は以下の事柄を学習します。

【音程】
Ⅰ. 「単音程・複音程」の度数の数え方
Ⅱ. 「長・短」及び「完全」・「増・減」の音程
【音階】
Ⅲ. 「長音階」と「和声的短音階・旋律短音階・自然短音階」の3通りの短音階
【和音】
Ⅳ. 「長三和音」・「短三和音」、「増三和音」・「減三和音」、「属七和音」

 楽典の基礎が概ね身に付きましたら、『和声 入門ワーク』を用いて、「和音の構成音」「和音進行の基礎」などの四声体の実習基礎に入ります。


和声学 〈初級〉 Harmony elementary

【趣旨】

 バス課題、及びソプラノ課題の四声体実施を通して、始めは転調を含まない課題から入り、徐々に様々な転調・借用和音を含む和音連結を学習します。
 島岡譲先生の『総合和声』を用いて、和声学習導入過程から第6章「さまざまなS和音」迄に相当する内容を実習するためのレッスンです。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥10,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥13,500-

On line lesson
 (ワンレッスン 60分 ¥5,000- ~)

【対象】

 「楽典・和声入門」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンです。

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です

【ジャンル】
古典派~ロマン派的和声課題。
パレストリーナ様式などのルネサンス期を含まない課題

【楽典・和声入門・和声初級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せ るボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

 バス課題或いはソプラノ課題の「一音に対して一つの和音場(1)」を設定する四声体実施の仕方の初歩から実施してゆきます。
 その後のカリキュラムは以下です。

【『総合和声』】
Ⅰ. 第3章「転調・借用・転旋」
Ⅱ. 第4章「様々なD和音」
Ⅲ. 第5章「様々なD2和音」
Ⅳ. 第6章「様々なS和音」

 上記の和声課題を島岡譲先生の教科書『総合和声』(音楽之友社)を用いて学習してゆきます。

  尚、『総合和声』とは『和声 理論と実習Ⅰ~Ⅲ』(全3巻)、即ちいわゆる『芸大和声3巻本』の内容を更に進歩した概念で説明した教科書です。且つ、『芸大和声3巻本』を概ね一冊に凝縮した内容であるため、所々説明が不足していると感じられる箇所もあるかと思われます。
 その際は、当方で補足資料をお渡しします。資料は任意のファイルにファイリングして下さい。そしてレッスンの際には、資料の必要箇所をいつでも参照できるよう、ご準備下さい。

1「場」とは…「『構成音によって支配された音高空間 』を和音場または単に場とよぶ。」島岡譲 『音楽の理論と実習Ⅰ』P59


和声学〈中級〉 Harmony intermediate

【趣旨】

 「一音一場」の和声リアリゼーションを或る程度習得された方の次のステップとして、「転位・修飾」の入った「自由ソプラノ課題」を主に実習するためのレッスンです。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥11,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥14,500-

On line lesson
(ワンレッスン 
 60分 ¥5,500- ~)

【対象】

 「和声初級」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンです。

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。

【ジャンル】
古典派~ロマン派的和声課題。
パレストリーナ様式などのルネサンス期を含まない課題

【和声中級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せ るボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

  島岡譲先生の教科書『総合和声』(音楽之友社)を用いて、「転調」や「借用和音」を含んだ和声課題(一音一場の課題)の実施を身につけられたかたの、次のステップです。
 その後のカリキュラムは以下です。

【『総合和声』】
Ⅰ. 第7章「転位・修飾」
Ⅱ. 第8章「反復進行」
Ⅲ. 第9章「偶成・保続」

 上記の和声課題を実習してゆきます。主に 第7章「転位・修飾」の「自由ソプラノ課題」を中心としたレッスンとなります。


和声学〈上級〉 Harmony advanced

【趣旨】

 主に「『2個の主題の同時的提示』をもつバス課題」や、「フーガ的階梯導入によるバス課題」実習など、より高次な課題実習行います。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン) 

¥12,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥15,500-

 ≪On line lesson≫
(ワンレッスン 60分 ¥6,000- ~)

【対象】

 「和声中級」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンです。

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。)

【ジャンル】
バロック~ロマン派的和声課題。
パレストリーナ様式などのルネサンス期を含まない課題。)

【和声上級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物】
  • 『和声 理論と実習 Ⅲ』 等の教科書
  • 五線ノート 12段程度
  • フリクション・ボールペン 0.7mm 黒 etc.
    (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。) 
  • 補足資料ファイリングのための任意のファイル 
  • 定規 15cm程度
【実施内容】

 島岡譲先生共著の『和声 理論と実習Ⅲ』(音楽之友社)等を用いて、バロック対位法様式に準拠した「『2個の主題の同時的提示』をもつバス課題」や、フーガ的な「階梯導入」によるバス課題などを実施してゆきます。
 ここで素材の展開の仕方や、「間接連続5度」、「間接連続8度」などの定義も覚えてゆきます。

『和声 理論と実習Ⅲ』
第10章 『主題的構成を持つバス課題』

Ⅰ. 120 「『2個の主題の同時的提示』をもつバス課題」
Ⅱ. 121 「階梯導入を持つバス課題」
Ⅲ. 「補充課題」


エクリチュール・アドヴァンスコース écriture hight adcanced
(開講準備中)

【趣旨】

 島岡譲 和声課題作品集』を用いて、大学入試和声過去問題などの「アルテルネ課題」を実習してゆくコースです。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン) 

¥13,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥16,500-

On line lesson
 (ワンレッスン 60分 ¥6,500- ~)


(開講準備中)

【対象】

 『和声 理論と実習Ⅲ』の内容を修められた方が、 更なる高次の四声体実施(リアリゼーション)を学習してゆく為のレッスンです。

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。

【和声上級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【実施内容】

 島岡譲先生による様々な大学入試過去問などを実施する事を目標とします。 

 「アルテルネ課題」を中心としたレッスンを予定しています。

【レッスンの持ち物】
  • 『島岡譲 和声課題作品集』などの教科書 etc.
  • 五線ノート 12段程度
  • フリクション・ボールペン 0.7mm 黒 etc.
    (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。) 
  • 補足資料ファイリングのための任意のファイル 
  • 定規 15cm程度



PAGE TOP
PAGE TOP