ホーム » 和声レッスン概要

和声レッスン概要

和声レッスン謝礼やレッスン概要などについてご案内致します。

トライアル・レッスン Trayal Lessons

【謝礼】
初回(60分)1回に限り
¥3,000-(平日)¥3,300-(土日)

(*  トライアルの場合のみ
スタジオ使用料&諸経費は免除となります。)

トライアル・レッスンの趣旨に
関しましては、
下記の「入退会の流れ」ページにて
ご確認下さい。

楽典・和声〈入門〉 musical grammar / Harmony introduction

【趣旨】

 先ずは、楽典の基礎である「音程の数え方」や、「長音階・短音階」について学びます。
 楽典の主な内容を習得後、和声実施基礎に入り、「和音の構成音」「和音進行の基礎」を学びます。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥9,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-) =¥12,500-

≪On line lesson≫
 (ワンレッスン 60分 ¥4,500- ~)

【対象】

 音楽理論のビギナーコースです。
【新規募集】10名迄

 導入のかたはト音記号、ヘ音記号の読み書きがお出来になるかたとさせて頂きます。

【楽典・和声入門・和声初級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物一覧】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

  導入は以下の事柄を学習します。

【音程】
Ⅰ. 「単音程・複音程」の度数の数え方
Ⅱ. 「長・短」及び「完全」・「増・減」の音程
【音階】
Ⅲ. 「長音階」と「和声的短音階・旋律短音階・自然短音階」の3通りの短音階
【和音】
Ⅳ. 「長三和音」・「短三和音」、「増三和音」・「減三和音」、「属七和音」

 楽典の基礎が概ね身に付きましたら、『和声 入門ワーク』を用いて、「和音の構成音」「和音進行の基礎」などの四声体の実習基礎に入ります。

【レッスンの持ち物】
¥2,145 (2022/10/12 14:08時点 | Amazon調べ)


・『楽典』、『和声 入門ワーク』等の教科書 etc.

 初回にご相談の上、決めてゆきますが、『楽典』には基本的には石桁真礼生先生のご著書を使う予定です。


・五線ノート 12段程度

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


・補足資料ファイリングのための任意のファイル 

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。

・フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.

 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。


・定規 15cm程度

メーカーは問いませんので、使いやすそうな他のものでもOKです。


和声学 〈初級〉 Harmony elementary

【趣旨】

 バス課題、及びソプラノ課題の四声体実施を通して、始めは転調を含まない課題から入り、徐々に様々な転調・借用和音を含む和音連結を学習します。
 島岡譲先生の『総合和声』を用いて、和声学習導入過程から第6章「さまざまなS和音」迄に相当する内容を実習するためのレッスンです。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥10,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥13,500-

On line lesson
 (ワンレッスン 60分 ¥5,000- ~)

【対象】

 「楽典・和声入門」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンです。
【新規募集】10名迄

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です

【ジャンル】
古典派~ロマン派的和声課題。
パレストリーナ様式などのルネサンス期を含まない課題

【和声初級 実施例動画】

* 「和声初級」のソプラノ課題の実施例です。
【レッスンの持ち物一覧】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

 バス課題或いはソプラノ課題の「一音に対して一つの和音場(1)」を設定する四声体実施の仕方の初歩から実施してゆきます。
 その後のカリキュラムは以下です。

【『総合和声』】
Ⅰ. 第3章「転調・借用・転旋」
Ⅱ. 第4章「様々なD和音」
Ⅲ. 第5章「様々なD2和音」
Ⅳ. 第6章「様々なS和音」

 上記の和声課題を島岡譲先生の教科書『総合和声』(音楽之友社)を用いて学習してゆきます。

  尚、『総合和声』とは『和声 理論と実習Ⅰ~Ⅲ』(全3巻)、即ちいわゆる『芸大和声3巻本』の内容を更に進歩した概念で説明した教科書です。且つ、『芸大和声3巻本』を概ね一冊に凝縮した内容であるため、所々説明が不足していると感じられる箇所もあるかと思われます。
 その際は、当方で補足資料をお渡しします。資料は任意のファイルにファイリングして下さい。そしてレッスンの際には、資料の必要箇所をいつでも参照できるよう、ご準備下さい。

1「場」とは…「『構成音によって支配された音高空間 』を和音場または単に場とよぶ。」島岡譲 『音楽の理論と実習Ⅰ』P59

【レッスンの持ち物】
¥6,380 (2022/10/12 22:37時点 | Amazon調べ)


 ・『総合和声』等の教科書 etc.


・五線ノート 12段程度

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


・補足資料ファイリングのための任意のファイル 

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。

・フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.

 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。


・定規 15cm程度

メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


和声学〈中級〉 Harmony intermediate

【趣旨】

 「一音一場」の和声リアリゼーションを或る程度習得された方の次のステップとして、「転位・修飾」の入った「自由ソプラノ課題」を主に実習するためのレッスンです。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥11,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥14,500-

On line lesson
(ワンレッスン 
 60分 ¥5,500- ~)

【対象】

 「和声初級」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンです。
【新規募集】5名迄

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。

【ジャンル】
古典派~ロマン派的和声課題。
パレストリーナ様式などのルネサンス期を含まない課題

【和声中級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物一覧】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

  島岡譲先生の教科書『総合和声』(音楽之友社)を用いて、「転調」や「借用和音」を含んだ和声課題(一音一場の課題)の実施を身につけられたかたの、次のステップです。
 その後のカリキュラムは以下です。

【『総合和声』】
Ⅰ. 第7章「転位・修飾」
Ⅱ. 第8章「反復進行」
Ⅲ. 第9章「偶成・保続」

 上記の和声課題を実習してゆきます。主に 第7章「転位・修飾」の「自由ソプラノ課題」を中心としたレッスンとなります。

【レッスンの持ち物】
¥6,380 (2022/08/21 14:45時点 | Amazon調べ)


 ・『総合和声』等の教科書 etc.


・五線ノート 12段程度

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


・補足資料ファイリングのための任意のファイル 

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。

・フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.

 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。


・定規 15cm程度

メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


和声学〈上級〉 Harmony advanced

【趣旨】

 主に「『2個の主題の同時的提示』をもつバス課題」や、「フーガ的階梯導入によるバス課題」実習など、より高次な課題実習行います。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン) 

¥12,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥15,500-

 ≪On line lesson≫
(ワンレッスン 60分 ¥6,000- ~)

【対象】

 「和声中級」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンです。
【新規募集】3名迄

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。)

【ジャンル】
バロック~ロマン派的和声課題。
パレストリーナ様式などのルネサンス期を含まない課題。)

【和声上級 紹介動画】

* 概要は、動画にてご紹介しております。
【レッスンの持ち物一覧】
  • 『和声 理論と実習 Ⅲ』 等の教科書
  • 五線ノート 12段程度
  • フリクション・ボールペン 0.7mm 黒 etc.
    (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。) 
  • 補足資料ファイリングのための任意のファイル 
  • 定規 15cm程度
【実施内容】

 島岡譲先生共著の『和声 理論と実習Ⅲ』(音楽之友社)等を用いて、バロック対位法様式に準拠した「『2個の主題の同時的提示』をもつバス課題」や、フーガ的な「階梯導入」によるバス課題などを実施してゆきます。
 ここで素材の展開の仕方や、「間接連続5度」、「間接連続8度」などの定義も覚えてゆきます。

『和声 理論と実習Ⅲ』
第10章 『主題的構成を持つバス課題』

Ⅰ.  120 「『2個の主題の同時的提示』をもつバス課題」
Ⅱ.  121 「階梯導入を持つバス課題」
Ⅲ. 「補充課題」

【レッスンの持ち物】
¥6,820 (2022/08/21 14:56時点 | Amazon調べ)


『和声 理論と実習 Ⅲ』 等の教科書


・五線ノート 12段程度

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


・補足資料ファイリングのための任意のファイル 

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。

・フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.

 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。


・定規 15cm程度

メーカーは問いませんので、使いやすそうな他のものでもOKです。


和声学〈アドヴァンスコース〉Harmony high advanced
(2022年10月23日開講)

【趣旨】

 『Challan 380和声課題集第9巻』や、島岡譲 和声課題作品集』などをを用いて四声体実習します。
 また、その他の課題を用いて大学入試和声過去問題などの「アルテルネ課題」の実習も行います。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン) 

¥13,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥16,500-

On line lesson
 (ワンレッスン 60分 ¥6,500- ~)

【対象】

 『和声 理論と実習Ⅲ』の内容を修められた方が、 更なる高次の四声体実施(リアリゼーション)を学習してゆく為のレッスンです。
【新規募集】若干名

 セミプロ作曲家のかたも、アマチュア作曲家のかたも歓迎です。

【和声アドヴァンス 課題実施例動画】

* こちらは『島岡譲和声作品集』課題実施例の音源動画です。
【レッスン教材例】
赤坂樹里亜 Le monde brillant 和声学アドヴァンスコース
赤坂樹里亜 Le monde brillant 和声学アドヴァンスコース使用教材例
【実施内容】

 『Challan 380和声課題集第9巻」及び『島岡譲和声作品集』を中心に様々な課題を実施し、大学入試過去問題を解ける実力を養います。 そのため、当教室の「和声上級」レベルを凌駕した「Sop課題」、「Basse課題」及び「アルテルネ課題」などを中心としたレッスンです。

【レッスンの持ち物一覧】
  • 『島岡譲 和声課題作品集』などの教科書 etc.
  • 『Henri Challan 380 Basses donnés et Chants doneés 9a』などの課題集
  • 五線ノート 12段程度
  • フリクション・ボールペン 0.7mm 黒 etc.
    (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。) 
  • 補足資料ファイリングのための任意のファイル 
  • 定規 15cm程度
【レッスンの持ち物一覧】
¥7,700 (2022/08/21 15:00時点 | Amazon調べ)


・『島岡譲 和声課題作品集』などの教科書 etc.


『Henri Challan 380 Basses donnés et Chants doneés 9a』などの課題集

* 生徒様用のChallan課題集は、必ず「a」と書かれたものをご使用下さい。


・五線ノート 12段程度

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。


・補足資料ファイリングのための任意のファイル 

 メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。

・フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.

 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せるボールペンを推奨します。


・定規 15cm程度

メーカーは問いませんので、使いやすそうならば、他のものでもOKです。




広告

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大学院卒(修士・博士)専門の転職サポート【アカリクキャリア】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪貴方の研究を活かせる企業に出会える転職サイト≫
・専門職の求人多数掲載中(データサイエンティスト、ITエンジニア、コンサルタントetc.)
・大学院卒の強みを活かしたキャリアアップ/キャリアチェンジが目指せる
・【技術理解】【業界理解】【求人理解】が高く、一部は博士・ポスドクの背景を持ったコンサルタントに相談可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼詳細はこちら



PAGE TOP
PAGE TOP