アナリーゼ・レッスン概要

アナリーゼ・レッスン謝礼や、レッスン概要などについてご案内致します。

[目次]

1. トライアル・レッスン Trayal Lessons
2. アナリーゼ〈初級〉Analyse elementary
3. アナリーゼ〈中級〉Analyse intermediate
4. アナリーゼ〈上級〉Analyse advanced

トライアル・レッスン Trayal Lessons

【謝礼】
初回(60分)1回に限り
¥3,000-(平日)¥3,300-(土日)

(*  トライアルの場合のみ
スタジオ使用料&諸経費は免除となります。)

例. 「アナリーゼ初級」平日60分¥3,000-   etc.


アナリーゼ〈初級〉 Analyse elementary

【趣旨】

 先ずは、和声初級~中級で学んだ知識を活かして、簡易な楽曲の和声分析、楽式分析を行います。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥10,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥13,500-

On line lesson
 (ワンレッスン 60分 ¥5,000- ~)

【対象】

「アナリーゼ初級」では、「楽典・和声入門」の水準を学び終わった方を対象としたレッスンとなります。

【アナリーゼ初級 紹介動画】

* 動画は、現在作成中です。

【レッスンの持ち物】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せ るボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

 和声進行の簡易な楽曲を選び、先ずは、和声初級~中級で学んだ知識を活かして、簡易な楽曲の和声分析・楽式分析、一部の音型分析を行います。

アナリーゼ〈中級〉 Analyse intermediate

【趣旨】

  和音進行の原理を把握しつつ、一場の中に「経過音などによる偶成和音のゆれ」が生じている事などを分析し、こうした「ゆれ」により、巧みに音楽が進んでゆく事を学びます。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン)

¥11,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥14,500-

On line lesson
(ワンレッスン 
 60分 ¥5,500- ~)

【対象】

「アナリーゼ中級」では、「和声初級~中級」の知識を概ね身についているかたが望ましでしょう。

【アナリーゼ中級 紹介動画】

* 動画は、現在作成中です。

【レッスンの持ち物】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せ るボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

 中級水準では、単に四声体の縦の関係での和音の度数を把握する事から更に一歩進んでゆき、経過音などによって繋がってゆく各声部の横の旋律感も掴みながら、四声体のコラール等を把握してゆく事も一つです。
 その事によって、以下の事柄を学んでゆきましょう。

1.) 和音進行の原理を把握しつつ、各声部が独立して進行している事。
2.) この作品では、各和音を繋ぐ進行、即ち和声進行に「一音一場」でなく、一場の中に「経過音による偶成和音のゆれ」が生じている事、また、こうした「ゆれ」により、巧みに音楽が進んでゆく事。

 上記の視点が、中級クラスのねらいの一つとなります。


アナリーゼ学〈上級〉 Analyse advanced

【趣旨】

 和声・楽式などの全体的なアナリーゼを学びます。

【謝礼】

月謝制 (60分×2回) (個人レッスン) 

¥12,000- +スタジオ使用料&諸経費(¥3,500-)=¥15,500-

 ≪On line lesson≫
(ワンレッスン 60分 ¥6,000- ~)

【対象】

 「アナリーゼ上級」では、「和声初級~上級」概ね身についているかたが望ましいでしょう。

【アナリーゼ上級 紹介動画】

* 動画は、現在作成中です。

【レッスンの持ち物】

『総合和声』等の教科書 etc.
五線ノート 12段程度
・補足資料ファイリングのための任意のファイル 
フリクション・ボールペン 0.5~0.7mm 黒 etc.
 (* 鉛筆使用の際の消しゴムのカスを出さないため、ラバーで擦って消せ るボールペンを推奨します。)
定規 15cm程度

【実施内容】

 上級水準では、下記の観点からアナリーゼを行ってゆきます。

1. 楽式のアナリーゼ (最初に全体像の把握)
2. 和声進行のアナリーゼ (偶成和音による「ゆれ」の把握など)
3. 素材の用いられ方のアナリーゼ (素材展開の把握)

 楽曲とは、多様な側面から成り立っています。
そうした「仕組み」を網羅的に視てゆく事を目的とします。




PAGE TOP
PAGE TOP