【Saint-Saens (1835-1921) 《Ave Maria (A dur)》(1860)のアナリーゼ】

2014_9_8_2

 すっかりご無沙汰しております。
今日(9月8日)は、カトリック暦では「聖マリアの誕生」の記念日なのですね。
 わたくしは、と或る所用から、Saint-Saens (仏1835-1921)の
《Ave Maria (A dur)》(1860)と御縁あり、今日はこの作品をアナリーゼ
してみる事にしました。
機能関係を識別する事により、「演奏中に今自分が何処に居るのかの指標」を
得る事が出来ます。
それはまるで、「カーナビゲーションのついている車とそうでない車」とで
走行するのと同様に、現在位置関係の把握に差異が出るように感じます。

赤坂樹里亜
Le 8 septembre 2014 14h16

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

Youtube Channnel

 

過去記事

月を選択

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP