【細川俊夫作曲:オペラ《海、静かな海》(2016年) – 2018年3月11日に寄す-】

2018_3_11_《海、静かな海》
 上記作品を初めて鑑賞したのは、今から二年前の2016年3月でした。
当時、BSで放送されたこの作品に行き着いたのは、以下の要因からです。
作曲家 細川俊夫氏は、私の国立音大附属高校在学時代から、
同校作曲専攻の先達として、「お名前を知っておくと良いですよ」と、
高校在学中に校長先生からお話がありましたし、上記歌劇出演者の一人の
「ハルコ」役である藤村実穂子女史のMezzo Sopranoは、
かねてより大好きでしたので、この二つのキーワードから、
BS放送を観賞するに至りました。

 この作品は、ハンブルク州立歌劇場委嘱作品である事から、
ドイツ語テクストによるものですが、作品テーマは、2011年3月11日に
日本で起こった「東日本大震災」です。
2016年当時、BSで観賞した際に思った事は、震災から5年で作曲が成され、
且つ通し稽古も完了して、ドイツで初演を迎えた事への驚愕でした。

 その作品が、本年2018年3月11日にDVDとなって発売されるとの知らせを受け、
勿論購入させて頂きました。
震災から7年目を迎える今年に再度鑑賞させて頂いても、やはり大きな意味を感じます。
「それぞれの家に帰ろう。」との台詞に、帰宅困難区域にお住まいだった方々の
心痛如何ばかりかとお察し申し上げます。

 この震災に、人一倍心を痛められていたMezzo藤村実穂子さんの
インタビュー動画もありましたが、「このオペラへの出演オファーを頂いた事よって、
やっと震災に遭われて悔しい想いをしていた方々の、お力になれます。」と
涙ぐまれていたお姿に、深く感銘を受けました。

 福島や仙台の皆様方の心痛が、一日も早く癒えます様、私も遠い空の下よりお祈りしております。

Julia.T.A
le 11 mars 2018 20h21

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP