【O.Messiaen :Opera《Saint Francois d’Assise》(1975-1983) CD】

2018_10_12

 昨年2017年11月19日、サントリーホールに於ける日本での「全幕初演」を飾った
上記のメシアン作曲歌劇《アッシジの聖フランシスコ》のライブ音源CDが、
去る9月24日に自宅に届いておりました。
この日は私自身サロンコンサート出演の翌日であり、そして夜学での仏語会話の授業の
開講日でもあり、その後絶えず二週間半ほど超多忙の中、封を切れないまま、こんにちに至りました。

 しかし、あの日の「日本初演時」は、私もサントリーホールの客席で聴かせて頂いた中、
終演後、余りの恍惚感にスタンディングオベーションをいつまでもいつまでも送り続けた事を
はっきりと覚えており、あの日の感動が蘇ってきます。

 明日、試験を控えた上での「完全OFF」の今日ですが、どうしてもこのCDが
聴きたくて聴きたくて仕方がありませんので、PC及びiphoneにインポート作業をしています。

 昨年2017年は、メシアン作品中、唯一無二の歌劇、《アッシジの聖フランシスコ》の
日本初演が行なわれた、記念碑的な年と記憶に焼き付いています。
海外データベースを検索すると、メシアンに関しての論文は、意外にもこの
《アッシジの聖フランシスコ》に関しての文献が最も多いように思います。
しかしながら、いわゆる「葬式仏教」的な文化を持つ日本人には、残念ながら
この作品は一般的には未だ「初演された」に過ぎない過程かも知れません。

 そこで、更なるメシアン受容に向けて私も動いてゆきたいですので、
慶應旧図書館蔵書の資料をフルに活用し、もっと調査してゆきたいと感じております。

 しかし…。

 明日のメシアンとは無関係の試験対策は大丈夫なのだろうか?(笑)

Julia.T.A
le 12 oct. 2018 17h25

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP