【Gregorio Allegri :《Miserere》(1630 ?)】

夏風邪のようです。喉の症状は無いものの、微熱と倦怠感、悪寒がします。
どうしても、あらゆる作業に集中できません。
そんな時には、Allegri(1582-1652)の《Miserere》を聴く事にしています。
こうしたPolyphonique作品が耳から入ってくると、無意識に頭は
各声部を追いかけ始めます。
そうする事によって、乱れかけている思考も、知らず知らずのうちに整理されてきて、
精神統一が成されます。良い事です。

この作品は、以下のエピソードでも有名な作品でしょう。
「当時、この楽譜をヴァチカンは門外不出としていたが、ミサに与った
少年時代のモーツァルトが感銘を受け、全て採譜して譜面に書き起こしてしまった。」
こうした話は、皆様どこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。
このモーツァルトが書き取った作品こそ、この《Miserere》です。

テクストは『旧約聖書:詩編の第51章』であり、ラテン語によるものです。
「神よ、わたしを憐れんでください
御慈しみをもって。」
(『聖書 旧約聖書続編つき』P884-P885 新共同訳 日本聖書協会による日本語訳)
この唄い出しからも、惹き込まれるものがあります。

暫し《Miserere》の世界に浸っていたい心持ちです。

赤坂樹里亜
Le 4 aout 19h57 2014

Follow me!

関連記事

教室カレンダー

2022年 8月
1
2
3
4
5
6
7
論文執筆集中週間
8
9
10
11
12
13
14
論文執筆集中週間夏期休講日
7月分補講(オンライン)
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
予約満了予約満了
29
30
31
1
2
3
4
予約満了

定休日

過去記事

月を選択

Categories

My facebook

The button to “Share” this Web site

PAGE TOP
PAGE TOP