【赤坂樹里亜(満16歳時) 国立音大付属高校作曲科入試実作 1990年代】

 1990年代16歳の頃の、国立音大付属高校作曲科受験時の実作《ピアノのための小品》の楽譜を再現して音源を作りました。

 作曲試験は、「冒頭の2小節を試験課題モティーフ」として与えられ、3部形式の作品を書きます。やり方は、ピアノを用いずに2時間で作曲し、書き終わった際に実際ピアノで弾くところまでが実作受験です。
 当時、2時間で集中して書きながら、集中して暗譜していました。
そのため、答案の五線紙は提出してしまっていますが、今でも曲は頭にしっかりと残っています。

 今般、「Finale27」と「Power director」などを用いて、30年振りに楽曲を再現させる事が出来ました。

赤坂樹里亜
Le 8 mail 2022 14h24

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

Youtube Channnel

 

過去記事

月を選択

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP