【完全OFF -休養と反芻、そして打ち立てた計画に於ける実行性の再確認の日-】

2018_10_8
祝日の月曜は、思わぬところで夜学が休講だったとの事、先週の月曜に初めて知りました。
先週の月曜といえば、前日の台風通過後にも拘わらず引き続きJRのダイヤが大幅に乱れる中、
少し早めに登校ようと計画していたため、到着時刻に気を揉みましたが、慶應義塾大学旧図書館の
遠山コレクション(音楽学系の蔵書)書庫から、メシアンの旋法性に関する
外国語文献(仏語及び英語)を探し当て、複写し、また更なる有益な資料を入手する事が出来ました。
書庫にもぐって、該当資料を捜索途中に、目当ての資料が引き抜かれたような一冊分だけの
空間ができているのを見ると、「他の誰かもメシアンを追っているのだな。」という
得も言われぬ高揚感を感じます。
一般社会に居れば、マイノリティーとなる「オリヴィエ・メシアニスト」も、
この場に居れば同じ空気感を感じます。
慶應に在籍している事に、大きな歓びを感じます。

さて、現在の私は、以下の課題を抱えています。
1. 夜学での週3日の学び
2. 夜学と別口の科目試験受験に向けた試験対策
3. 「メシアンの旋法性に関する卒論」への資料収集のアプローチ
4. 自身の「主宰する教室業務」での音楽理論レッスンの受講生の方々への教材準備
5. 自身が「受ける方の」Mezzo Sopranoの声楽の修練

20代の頃ならば、難なくこなせた過密スケジュールですが、昨今、
同じ様には身体がついて行きづらくなっている現状を実感します。
年齢相応のケアを挟みつつ、明日からもまた新たな週にトライしてゆきます。

今日は休養と共に、今後の計画の実行性の確認、そして先週の月曜に収集した資料の概観把握、
更には間を挟みつつも発声練習を第一目標に、一日過ごしたいと思います。

Julia.T.A
Le 8 oct. 2018 13h19

Follow me!

関連記事

教室カレンダー

2022年 8月
1
2
3
4
5
6
7
論文執筆集中週間
8
9
10
11
12
13
14
論文執筆集中週間夏期休講日
7月分補講(オンライン)
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
予約満了予約満了
29
30
31
1
2
3
4
予約満了

定休日

過去記事

月を選択

Categories

My facebook

The button to “Share” this Web site

PAGE TOP
PAGE TOP