仏日翻訳研究会-バイオグラフィーの背景を半日かけて検討-

2010_7_8

 メシアン・バイオグラフィーの翻訳に関して、
仏語の我が師M.Jordensと共に、大変有意義な検討会を重ねています。
仏⇔日翻訳のプロフェッショナルである
《言葉の専門家》M.Jordensと
微細ながら音楽理論研究及びメシアン研究を旨とする
《音楽専門家》の小生とで、
二つの専門性が交わることにより化学反応を起こし、
相乗効果が生まれ、1900年代フランスでのメシアン周りの出来事が
日本に居る私たちにも、ベールが徐々にほどかれてつつあります。

 私は仏語原書を読むのにあたり、まだまだ言葉のニュアンスを
取り違えたりすることがあるし、
Jordens氏は音楽理論の構造についての意味合いを
知らなくて当然だし、
こうした二人組が集まることによって
双方の智慧を結集することができ、極上のハーモニーを
醸し出していると確信しています。

 検討会も第3回目が終了しました。
様々な人の協力を得られ、成り立っている《今》があります。

 そうした事を一つ一つ大事にし、
明日も明後日も進んでいきたいと思っています。

 Julia.A

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP