【Messe de la Pentecote -聖霊降臨祭のミサ- Pour Orgue (1951)】

2013_10_15_elgreco_pentecote

オリヴィエ・メシアン作品の全容を概観した時、初期の作品の幾つかに
「死」をテーマとしたものが散見されるものの、
死者を弔う目的の、いわゆる「レクイエム」と銘打ったものは皆無です。
そこで、副次的に眼に留まるのは、この《Messe de la Pentecote》(1951)でした。
「Pentecote -ペンテコステ- (聖霊降臨祭)」とは、イエスの死後、
3日後に地上に現れた事を祝する「復活祭」(イースター)から数えて、
50日後を祝う祝日だと云います。
メシアンは、この「ペンテコステ」に因んで、以下の5曲から成る
オルガンの為の組曲を残しています。
————————————————————————————————————
Masse de la Pentecote –聖霊降臨際のミサ- pour orgue

Ⅰ Entree -入口- (Les langues de feu –炎の言葉たち-)
Ⅱ Offertoire -奉献文- (Les choses visibles et invisibles –目に見えるものと
目に見えないもの-)
Ⅲ Consecration -聖別- (Le don de Sagesse -智慧の恵み-)
Ⅳ Communion –聖体拝領- (Les oiseaux et les sources –鳥たちと源泉-)
Ⅴ Sortie -出口- (Le vent de l’Esprit –聖霊の風-)

作曲日時 1951 1月21日 パリにて書き上げる
メシアンはしばしばサント=トリニテ教会での即興演奏の集大成による作品を
語った。
(1950年に書かれた作品。しかし、ずっと以前にオルガンで即興演奏されたもの。)
出版社 Alphonse Leduc (1951年12月 パリ)
初演日時 ⅡとⅤは(少なくとも)1951年5月13日
「聖霊降臨祭」の期間に パリ サント=トリニテ教会
オリヴィエ・メシアンによる
演奏時間 30分

————————————————————————————————————-
メシアンのカトリック信仰に於ける位置づけとして、この作品はどの様にして
メシアン作品の中に「在る」のか、
「作品の意義」を知りたく思いました。

追伸 :写真はエル・グレコの『聖霊降臨』(1605-1610)の絵画。

赤坂樹里亜
Le 15 Octobre 2013 16h54

Follow me!

関連記事

教室カレンダー

2022年 8月
1
2
3
4
5
6
7
論文執筆集中週間
8
9
10
11
12
13
14
論文執筆集中週間夏期休講日
7月分補講(オンライン)
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
予約満了予約満了
29
30
31
1
2
3
4
予約満了

定休日

過去記事

月を選択

Categories

My facebook

The button to “Share” this Web site

PAGE TOP
PAGE TOP