【《Les corps glorieux》(1939) pour Orgue -栄光の御体 オルガンのための-基本データ仏文の翻訳】

 《幼児イエスに注ぐ20のまなざし》(1944)から5年前に書かれた鍵盤楽器作品にも
着目し、相関関係の俯瞰の為にも、オルガン作品《栄光の御体》(1939)の基本データ仏文
翻訳にも着手してみようと思います。

 Les corps glorieux -栄光の御体-
  Sept Visions breves de la Vie des Ressucites pour orgue -蘇りし者の七つの短い幻影-

Ⅰ. Subtilite des corps glorieux -栄光の御体の精密さ-
Ⅱ. Les Eaux de la grace -水の恩恵-
Ⅲ. L’ange aux parfums -香りの天使-
Ⅳ. Combat de la mort et de la vie -死と生の戦い-
Ⅴ. Force et agilite des corps glorieux -栄光の御体の力と俊敏さ-
Ⅵ. Joie et clarte des corps glorieux -栄光の御体の歓びと光-
Ⅶ. Les Mysteres de la Sainte Trinite -聖三位一体の神秘-

日付:  プティシェ(フランス、イゼール県)にて完成、1939年8月25日
出版:  アルフォース・ルデュック、パリ、1942年6月
初演:  1943年11月15日、パリ、トリニテ教会、オリヴィエ・メシアンによる
     1945年4月15日、シャイヨー宮、オリヴィエ・メシアンによる
演奏時間: 52分

【出典元:『Olivier Messiaen』 Peter Hill, Nigel Simeone著 Fayard出版 2008年 P551】
翻訳 赤坂樹里亜 Le 12 juin 2016 14h02

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP