【弟子が語るラヴェルの実像、そして音楽論】

<広告>

<広告>

2013_4_18_Ravel
「ラヴェルがこだわり続けたのは、音楽のプロとしての誇りだった。
音楽とはひとつの職人芸であり、深い知識が必要とされるものだ。
…自分のメチエをしっかりと守り、自らができうることを行い、
どこにも手抜きなどなく、後悔する理由もないとしよう。
それならば、脇目もふらずに精進すべきなのである。」
(本文より)

———————————————————-
『ラヴェル その横顔と音楽論』
マニュエル・ロザンタール著 マルセル・マルナ編 伊藤制子訳
春秋社 (1998年3月25日)
———————————————————-

深く心に響く言葉です。

赤坂樹里亜

<広告>

<広告>

関連記事

教室カレンダー

2022年 12月
28
29
30
1
2
3
4
予約満了予約満了
5
6
7
8
9
10
11
予約満了予約満了
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
臨時休講日予約満了
26
27
28
29
30
31
1
年末&年始休講日

定休日

過去記事

月を選択

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP