【Jacques Casterede (1926 -2014)《Alternances -アルテルナンス-》(Pf. Perc.)(1963?)】


 先日、首のMRI検査を受ける為、と或るクリニックへ行って来ました。
MRIといったら、とかく「狭くてウルサイ(笑)」と、苦手な人は多いようです。

 ワタクシも結構な神経質肌でして、本来でしたらこうした環境は好まないはず。
しかしながら、いつもながら思うのですが、このMIR検査中の音、
「けっこう聴いていると、オモシロイイ♡!!」(笑)

- この音の連なりを聴音して五線に書き留めたら、現代音楽のネタになるんじゃな~い??(笑)
 こう思い出すと、面白くて面白くて。(笑)

 更にはこの検査音から、かつてよく聴いていた或る作品を想起しました。
それが上記、ジャック・カステレード作曲の《アルテルナンス》です。
「アルテルナンス」とは、「交差、循環」という意味の仏語で、ここでは
打楽器の「持ち替え」による作品という意味合いでしょう。

 こうしたリトミカルな作品は聴いていて活力を感じますし、元来大好きな作品でしたが、
帰宅してから意外な事柄に気付きました。
カステレードは2014年4月6日フランス、ディジョンにて逝去されていますが、
パリ音楽院在学時代には、アナリーゼをO.Messiaenに師事していたのですね。
O.Messiaenとの意外な接点を見出しました。今迄気付きませんでした。
当のO.Messiaenも、自身のパリ音楽院時代には、鍵盤打楽器が好きで、
打楽器科に在学していた事もあり、確かM.バッジェールという師に師事していた筈です。

 こうしたO.MessiaenとJ.Casteredeの打楽器Alternanceとの関連性ないしは、
影響を考察してみると、また一段と面白くなりそうです。

 かくして「狭くてウルサイ(笑)」筈のMRI検査日は、検査音にノリノリ♪♪(^-^)/で、
愉しく帰宅したワタクシなのでした。(笑)

Julia.T.A
2eme dec. 2016 17h43

Follow me!

関連記事

教室カレンダー

2022年 7月
27
28
29
30
1
2
3
臨時休講日
4
5
6
7
8
9
10
臨時休講日予約満了
11
12
13
14
15
16
17
予約満了予約満了
18
19
20
21
22
23
24
予約満了
25
26
27
28
29
30
31
予約満了予約満了

定休日

過去記事

月を選択

Categories

My facebook

The button to “Share” this Web site

Youtube Channnel

PAGE TOP
PAGE TOP