【Olivier Messiaen “A research and information guide” 他】

2018_11_12_english_book

 国内の「日本語による」メシアン先行研究を探そうとすると、
やはり行き詰まります。
そこで、意を決して英語文献に当たる必要性を痛感している昨今ですが、
国内にはほぼ皆無であった先行研究が、海外では無論、各英語論文をまとめた
文献が出版されている事に気付かされます。
やはり、日本はまだまだメシアン研究では西欧圏に遅れを取っています。

 そうした極東に住む私は、せめて英語文献を読めるようになった上で、
海外先行研究を把握しながら、自身の着眼で新たな地平を切り開く事が要求されるでしょう。
ここが一つのハードルだとも感じられます。

 しかし、幾つになっても勉強と研究を一生涯続けてゆくのが、
私の生き方(ミッション)のようです。
先は未だ未だ長いです。

 とはいえ、今現在している事が、3年、5年後に連綿と繋がってゆく訳ですし、
途絶えない線を描き続けてゆく事が大切だとも思えます。
風邪を引いて少し辛い今日ですが、何とか踏みとどまります。
 皆様も、急に冷え込んでくると思われる宵に向けて、どうぞご自愛下さい。

Julia.T.A
le 12 nov. 2018 12h48

Follow me!

関連記事

My facebook

The button to “Share” this Web site

過去記事

Categories

PAGE TOP
PAGE TOP