【『シカゴ・スタイル 研究論文執筆マニュアル』慶應義塾大学出版(2012)】

 日頃から、引用文献の書き方は人文科学分野と社会科学分野と、各々に若干のお作法の
差異があり、どの方法を取るのかと方針を決めかねていたところがありました。
 その矢先に、先日「西洋哲学史」の先生から「(引用文献の表記については)
『シカゴスタイル』をキーワードに検索すると良い」旨、アドバイス頂きました。
 その為、この本を取り寄せた次第です。
 慶應義塾大学出版会 から2012年に出版されており、FBの「慶應義塾大学出版」の
ページにも2018年に「好評につき再版された」旨、記載がありました。

 個人的に非常に興味深い点は以下です。
「どのようなレベルの研究者であれ、新しい発見はもちろん、研究を進める中で
見失っていたものが何か、分かるだろう。」

 このセンテンスに惹かれました。
「いつの間にか見失っていたもの」の再発見として2022年は雑念を払拭し、
真に希求するものに一直線に向かいます。
 オミクロンに負けず、信念は貫き通します。

Julia.T.A
le 25 janvier 2022 18h48

Follow me!

関連記事

教室カレンダー

2022年 7月
27
28
29
30
1
2
3
臨時休講日
4
5
6
7
8
9
10
臨時休講日
11
12
13
14
15
16
17
予約満了予約満了
18
19
20
21
22
23
24
予約満了
25
26
27
28
29
30
31
予約満了

定休日

過去記事

月を選択

Categories

My facebook

The button to “Share” this Web site

Youtube Channnel

PAGE TOP
PAGE TOP